転職先の面接を受けるときの服装

面接時に気をつけたいこと

仕事を始める上で欠かせないのが面接です。面接は、正社員や契約社員、アルバイトやパートなどの雇用形態に関わらず、雇用側が採用前に行うケースがほとんどです。履歴書を送付し、選考後、後日面接となる場合もあれば、履歴書を持参し、そのまま面接というケースもあり、雇用先によりその形態は様々です。しかし、採用面接の場合、たいていは、履歴書だけではわからない、その人の雰囲気や仕事に対する意気込みを雇用者が確認するという点は、どの雇用者にも共通する大切なチェックポイントです。そのため、面接での服装や立ち振る舞い、マナーなどの基本はしっかりと押さえて本番の面接に臨みたいですね。

面接時に大切なのは、第一印象です。従って、服装、立ち振る舞いは重要と言えます。面接する側は、細かい点まで見ているので、緊張してしまいがちですが、受け答えをハッキリとするだけでもだいぶ好印象になります。また、雇用者側は、実際の業務に適応できるかを見極めるため、履歴書に記載された能力だけでなく、コミュニケーションが上手に取れるかをチェックする場合が多いです。緊張で言葉遣いなどを失念してしまう場合もあるかもしれませんが、相手の目を見て、しっかりと受け答えすることで、採用への可能性が広がります。

Copyright (C)2017転職先の面接を受けるときの服装.All rights reserved.